劉備「一晩泊めてください」 農民(あっ、偉い人だ)

1 風吹けば名無し17:56:36
農民「ウチで良ければどうぞ」(アカン…何もおもてなしができへん……せや!)

農民(ワイの嫁を殺して嫁を料理して食べさせたろ)

2 風吹けば名無し17:56:59
3 風吹けば名無し17:57:21
マジかよ劉備最低だな
6 風吹けば名無し17:58:23
これで劉備感激したんだっけ
8 風吹けば名無し17:59:16
>>6
泣いた
11 風吹けば名無し17:59:39
>>6
嫁の亡骸を見つけて問い詰めて真相を知って
大喜びして褒美を取らせたとか
13 風吹けば名無し18:00:03
>>11
サイコパス
17 風吹けば名無し18:00:33
四大奇書ってだいたい食人描写あるよな
金瓶梅は読んだことないので知らんが
18 風吹けば名無し18:00:35
曹操って鬼畜エピソードないの?
21 風吹けば名無し18:01:27
>>18
負かした武将の嫁を寝取ろうとして
失敗した挙句、優秀だった長男が犠牲になるエピソードがなかったっけ
26 風吹けば名無し18:02:29
史書にも城を防衛してる将軍が食料が尽きて
自分の妻をスープにして将兵に配った話が美談として出てきたりするので
中国はむかしから人肉食にたいするタブー感が低い
27 風吹けば名無し18:02:45
>>21
敗走させた軍師が仲間になったのでトントン
30 風吹けば名無し18:04:04
曹操のはあれや
匿ってもらった家の使用人が曹操をもてなすために豚を殺すか相談してたのを自分が殺されると勘違いして家の人間皆殺しにするやつや
32 風吹けば名無し18:04:26
>>26
そう考えると干将・莫耶の剣って割とありがちなエピソードかもしれへんな
中国ってすげぇ
40 風吹けば名無し18:05:46
劉備が目で訴えてそう
お前の妻食ったら上手そうやん・・・って
43 風吹けば名無し18:06:34
>>21
嫁が出て行ってしまう……
44 風吹けば名無し18:06:49
人肉食が一般化したのは唐の後期あたりかららしいな
演義はその後に作られたからな
45 風吹けば名無し18:06:54
>>26
肉屋に普通に人肉並んでたんだよな
46 風吹けば名無し18:07:28
>>45
嘘乙
ちゃんと羊の看板出してるから
53 風吹けば名無し18:08:08
>>45
さすがに日常的に食ってたってのは嘘だと思うで
でも恨み骨髄に達した相手を食って恨みを晴らすってのはあったらしい
日本でいうと忠臣蔵で吉良上野介を食っちゃうみたいな話
68 風吹けば名無し18:09:44
趙雲が必死に守った赤子ポイーも当時相当納得いかんかったわ
71 風吹けば名無し18:10:14
魏延って異常な速さで出世してるんだよね
劉備に愛されすぎ
72 風吹けば名無し18:10:15
中世ですら人の命が安売りされてたのに三國志の時代なんて出血大サービスやろな
100 風吹けば名無し18:13:45
>>43
蒼天航路でガチ泣きしてるシーンが最後だった気がしたけどあれから出ていったのか
104 風吹けば名無し18:14:24
賊にとっつかまって食べられそうになったけど助かったって話が残ってる程度には当たり前や
普通は食べられちゃうって事や
106 風吹けば名無し18:14:34
蜀漢って徐州閥荊州閥益州閥で滅茶苦茶だったんやろ?
しかも北伐派と反北伐派がいて
114 風吹けば名無し18:15:10
美談なんかこれ…
115 風吹けば名無し18:15:15
>>100
嫁が三行半で出て行って帰って来なかったやで。
曹操が晩年悔やんでるエピソードがある
116 風吹けば名無し18:15:15
>>83
魏延の言うことにも一理あるんだが遺命では撤退しろということになってたから
軍令違反ではある

征西大将軍督漢中がたかが長史に従えるはずもないので、またも諸葛亮の
人選ミスでもある

124 風吹けば名無し18:16:03
>>106
ほぼ妄想やで
反北伐派がいたのは事実やけどそれは大分あとの話やしどの程度力を持っていたかもわからん
ただでさえ蜀の史料は乏しいのに
少ない情報であれこれ想像してるだけ
125 風吹けば名無し18:16:06
>>106
ぶっちゃけどの時代どの組織もすぐ派閥創って反目したり内乱するのが中国の歴史上多い
129 風吹けば名無し18:16:27
曹操とか始皇帝とか後世不人気のキャラは
いろいろ非道な話をでっち上げられてるから疑わないとあかん
それでも曹操が徐州で虐殺がおおい中国史上でも
まれに見る大虐殺をやったのはホントみたいだけど
134 風吹けば名無し18:17:03
曹操は演義とかで書かれてるエピソードよりも頭痛の癇癪で華佗や崔琰殺しちゃってる方が胸糞悪い
136 風吹けば名無し18:17:12
>>129
後生で人気って光武帝からちゃうか
137 風吹けば名無し18:17:13
関羽が生き延びてたらそこそこ歴史変わる?
138 風吹けば名無し18:17:19
大事な植木を薪木にしてもてなし、こんなに落ちぶれても鎌倉様が号令かければいの一番に駆けつけますよという話の方がいい話
140 風吹けば名無し18:17:25
>>115
「ワイ、この世にもあの世にも怖いものなんかあらへん!
 …でもな、あの世でワイのムスッコから「マッマどこ?」って言われたら…何も言えませんわ…」
142 風吹けば名無し18:17:33
>>129
曹瞞伝とかいう一番曹操を貶してる史料は呉側のものやからな
143 風吹けば名無し18:17:48
三国志って実在するの?
148 風吹けば名無し18:18:10
演技はもちろん創作やけど、所謂史実が全て本当かというとなんとも言えんよな
155 風吹けば名無し18:19:05
>>114
儒教の教科書に載るレベルの美談
春秋戦国でも
王にディナー作ること命令された料理人の父親がブルブル震えてるの見て

娘(美少女)「ワイがディナーになるんだよ!」って牛だか豚だかの丸揚げ用の大鍋ぐらぐらにダイブしたのが超美談として記載

161 風吹けば名無し18:19:31
>>17
水滸伝とか一生人肉食ってて草生える
すぐ饅頭にしようとするし
166 風吹けば名無し18:20:02
>>138
それは普通に非の打ち所のない良い話だから
188 風吹けば名無し18:21:30
>>161
あの世界は人肉饅頭屋何軒あるんだって話だな
でそいつらが普通に仲間になるし
198 風吹けば名無し18:22:10
>>193
ばーかじゃねぇの
199 風吹けば名無し18:22:10
>>143
原本は消失
写本も呉書の一部を除いて消失
原本から150年後に書かれた裴松之の注釈入り三国志も原本は消失
現代に伝わるのは西暦1000年頃の写本
216 風吹けば名無し18:23:35
>>137
あの無能が生きてたとこで変わる要素あるっけ?
217 風吹けば名無し18:23:35
劉備in白帝城「馬謖は口だけの男やからくれぐれも重要なことは任せてはいかんぞ。ほな…(チーン」
221 風吹けば名無し18:24:08
>>140
繊細なんやなあ
遠くから来たトッモと酒飲むの楽しいみたいな詩もあるし人間らしいの好きだわ
235 風吹けば名無し18:25:04
>>30
曹操のそれは虐殺よりも事実を知って平然としてる部分がメインやな
244 風吹けば名無し18:25:48
劉備って自分のせいで馬良死んだのにその弟ディスるとか鬼やな
251 風吹けば名無し18:26:22
ちょいちょい頭おかしいんじゃねぇのって話あるよな
252 風吹けば名無し18:26:23
中国の古典によく出てくるけど人肉って美味しいんか?
266 風吹けば名無し18:27:09
海亀のスープってここから産まれたんだよなw
267 風吹けば名無し18:27:09
>>252
想肉って言われてるらしい
食べる時色々な事に思いを馳せるから
290 風吹けば名無し18:28:44
>>216
無能ではない、老害なだけや

実際、呉は河(川)上に名のある関羽がいたことをかなり警戒してた節がある

336 風吹けば名無し18:31:50
そう考えると雀を退治しただけの毛沢東はぐう聖やね
421 風吹けば名無し18:38:23
食べ物を与えることに対する考え方が違うな
食うものをやるのが1番の善行なわけだろ
つまりアンパンマンやな
443 風吹けば名無し18:39:48
>>395
解答1
豫州の軍権与えるのは位置的に対呂布、対袁術の防衛の要としての起用

さすがに自分の部下より高い位につけときたかった

395 風吹けば名無し18:36:13
問題1.
曹操が劉備に豫洲牧を与えたことを説明せよ
問題2.
曹操が劉備を左将軍にしたことを説明せよ
問題3.
曹操が自分の名前を呼んだ時の気持ちを記述せよ
444 風吹けば名無し18:39:48
食えるもんがなけりゃしゃあないの精神かね
547 風吹けば名無し18:46:29
何だかんだ曹操も劉備も人を見る目があるよな
諸葛亮とか司馬一族はそういうところは欠けてる
548 風吹けば名無し18:46:29
超雲と馬超はどう有能なのかいまいちわからへん
5人選ぶとしても他にもっとおらんかったんかな
557 風吹けば名無し18:46:58
水滸伝にもなんども人肉饅頭出てくるからセーフ
560 風吹けば名無し18:47:19
荀?に空箱プレゼントしたクソ君主を許すな
561 風吹けば名無し18:47:25
馬超は涼州枠やろ
562 風吹けば名無し18:47:25
中国の歴史書って「それ誰が見てたんだよ」案件結構多いよ
三国志だけでも諸葛亮が屋根裏で劉?にこっそりしたアドバイスとかが残ってるし
606 風吹けば名無し18:49:49
>>562
晋書に至っては唐の時代に書かれてるもんだからもうファンタジーやで
627 風吹けば名無し18:51:09
これ系初めて水滸伝で読んでやばってなったわ
633 風吹けば名無し18:51:25
>>606
あの時代って長安と洛陽を行ったり来たりしてるからまともな史料どんどん消失していって民間伝承に頼るしかなさそう
671 風吹けば名無し18:53:04
>>140
詩的な表現やね
西暦200年頃の人間とは思えん

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me