男「デスゲームでよりよい人生を」

1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:19:12
男「俺らももう高三か。将来のこと真面目に考えないとなー」

茶髪「だけど、どうしてもやる気が起こらないんだよな」

女「ねー」

男「俺たちずっと、こんな感じでダラダラした人生を送りそうだな」

茶髪「マジでそうなりそうだわ。ずっと低空飛行でいきそう」

女「何かきっかけがあればねー」

友「だったらボクがきっかけを作ろうか?」

男「どうやって?」

友「三人には今からデスゲームをしてもらう」

男「は……?」

2 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:22:41
友「ボクは主催者で、君たちは参加者」

友「ルールは……だらけたり落ちぶれた人生を送ったら君たちは死ぬ、ってのはどう?」

男「ああ、なるほど。そういうつもりで……ってことか」

茶髪「面白そうじゃん?」

女「やろうやろう!」

3 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:24:36
男「だけど、だらけたり、落ちぶれたりって、定義が曖昧すぎないか?」

茶髪「たしかに。さすがにちょっとサボったぐらいで死ぬんじゃ、無理ゲーすぎる」

男「だよなぁ。バイトでもなんでも適度なサボりは絶対必要だし」

女「まあそこは友君の裁量に任せていんじゃない?」

男「そうだな。常識的な範囲で、“こいつの人生はダメだな”ってなったら死亡ってことで」

友「ん、了解!」

5 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:28:44
茶髪「あと……期限も決めときたいところだな」

女「そうだね。一生デスゲームはさすがにねー」

男「じゃあ、きりよく30歳になるまでってのはどう?」

茶髪「いいんじゃね?」

女「私もそれでいいよ。30歳かぁ……私どうしてるだろ」

男「独身おばさんだったりして」

女「やだー!」

友「決まりだね。じゃあデスゲーム……開始(スタート)!」

6 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:32:27
男(遊びとはいえ、“デスゲームに参加した”っていうのはなんかこう気が引き締まるな)

男(いつもは授業中、グダグダと下らないこと考えてたりするけど……)

教師「えー、この問題は……」

男(今日はものすごく集中して授業を聞けてる)

男(なんたって、だらけたら死ぬんだからな)カリカリ

男(他の二人も似たような感じになってるようだ)

茶髪「……」カリカリ

女「……」カリカリ

7 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:34:34
男「ねえ、今日みんなで勉強会しない?」

茶髪「お、いいなぁ。分からないところ教え合おうぜ」

女「賛成!」

母「あんた、このところ熱心に勉強してるわね。やっと自分の将来について真剣に考え出したのね?」

男「なにしろデスゲームに参加してるからね」

母「デスゲーム……?」

8 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:37:30
男(もうすぐ受験シーズンだ……)

男(志望大学入るために追い込みかけなきゃ!)

男(それに俺は……だらけたら死んじまうんだから!)

男(暗記して……過去問解いて……間違ったところは復習して……できる限りのことはやるんだ!)

…………

……

10 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:41:18
男「みんな、やったな!」

茶髪「まさか、三人とも志望大学に受かるなんてな」

女「これも友君がきっかけ作ってくれたからよ!」

友「よかったね、三人とも」

男「これからはみんなバラバラになっちゃうけど、精一杯人生楽しんでいこうな!」

茶髪「おう!」

女「そうだねー!」

11 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:45:05
男(大学に入ったら、またそこで人間関係が出来上がる)

男(三人とはすっかり疎遠になってしまったが、デスゲームのことはなんとなく頭の片隅に残っていた)

男(だから講義はサボらず――)

学生「次の講義は出席取らないし、教授がポンコツだし、サボろうぜ」

男「いや……俺は出るよ。一度取った講義はサボらないって決めてるんだ」

学生「マジで? お前真面目だな〜」

12 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:47:13
男(サークルやバイトも全力でこなし――)

男「次の部長は……俺がやりたいんだけど」

部員「お前ならきっちりやってくれそうだな。頼むよ!」

店長「どうかな? この日、出てもらえないかな?」

男「いいですよ」

店長「助かるよ〜!」

13 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:50:20
男(もちろん、就職活動も――)

面接官「あなたの強みを、一分程度でアピールして下さい」

男「はい、私は勉強もサークル活動もアルバイトも命がけでこなし……」

面接官「命がけとはすごいね……」

男(おかげで俺はそれなりの企業に就職することができた)

14 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:51:23
順調だな
15 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:53:59
課長「これ、頼めるかね?」

男「はい、任せて下さい!」

課長「今時の若者は仕事や出世よりプライベートを大切にする、なんていうが」

課長「君はよく働いてくれるねえ。こっちが心配になるぐらいだ」

男「……」

男「なにしろデスゲームやってますから!」

課長(デスゲーム……!?)

16 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします18:57:10
男(恋愛だって全力だ)

男(俺は会社で、運命的な女性と出会い――)

男「あの……これ」パカッ

同僚女「これは……指輪!」

男「必ず幸せにします! 結婚して下さい!」

同僚女「……はい!」

男(時は流れていった……)

17 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします19:00:12
……

……

男「行ってきまーす」

妻「今日は早く帰ってきてね」

男「え、どうして?」

18 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします19:02:26
妻「だって今日はあなたの誕生日じゃない」

男「あ、そっかぁ!」

男「俺ももう30か……。時が経つのは早いなぁ」

妻「まだそんなこというような年でもないでしょ」

男「それもそうか」

男「じゃ、なるべく早く帰ってくるよ!」

19 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします19:06:09
会社帰り――

男(さいわい今日は残業せずに済んだ。きっと豪勢な食事用意して待ってるんだろうなぁ)

男「……ん」

友「やぁ」

男「?」

友「ボクのこと、覚えてない?」

男「……! お前、もしかして友か!?」

友「ああ、高校卒業以来かな?」

男「だよなぁ。お前全然変わってないなぁ。あの頃のまんまだ!」

男「変わってなさすぎて、逆に分からなかったよ!」

20 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします19:07:01
ああ…
21 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします19:10:08
男「色々話したいことはあるんだけど、今日はこの後用事があって……」

友「ああ、いいっていいって。分かってる。ボクの用件はすぐ終わるから」

男(? ってことは、ここで出会ったのは偶然じゃないってことか?)

友「ゲームクリアおめでとう!」

男「へ?」

友「覚えてない? デスゲームの期限、30歳になるまでだったろ?」

男「あ……!」

22 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします19:12:51
男「もちろん覚えてるよ」

男「今、俺がこうして充実した人生を送れてるのも、あのデスゲームのおかげでもあるしな」

友「そっか! なら、よかった」

男「あれから十数年……色々あったなぁ」

男「あ、そうだ! そういや他の二人はどうしてるんだろ? 知ってる?」

友「死んだよ」

男「え?」

友「ボクが殺した」

男「は……?」

23 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします19:15:38
男「な、なんで……!?」

友「残念ながら、二人はゲームをクリアできなかったんだ」

友「茶髪は、大学入ったらすっかりだらけて、単位を落としまくって留年……」

友「だから殺した」

友「女はアパレル企業に就職はできたが、ホストにハマって借金まみれになって……」

友「だから殺した」

友「基準はかなり緩くしたつもりだったけど、残念だったよ」

男「な……!」

24 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします19:18:20
男「ちょっと待て。ってことは、お前ずっと俺らのことを見張ってたってことか?」

友「そうだよ」

男「ど、どうやって? 高校卒業してからは、みんなバラバラになってたのに……」

友「そりゃあ主催者だからね。それぐらいできて当然だろ?」

男「ってことは、ずっと俺のことも?」

友「ああ、高校卒業から今までずっと見てきた」

友「どんな授業を受けたか、どんなバイトしたか、どんな仕事してるか、全部知ってる」

友「今日、奥さんから“早く帰ってきて”っていわれてることもね」

男「だからどうやって……!」

25 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします19:21:35
友「二人はリタイアしちゃったけど、クリア者が出て、本当によかった」ニコッ

男「……!」

友「それじゃ、これでデスゲームは終わりだけど、これからも人生しっかりね」

男「おい、ちょっと待て! まだ聞きたいことが……!」

友は男に背を向けると、煙のように――

男「……消えた……」

― 終 ―

26 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします19:27:13

面白かった

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me