俺「ハァ…ハァ…俺も、ここまでか…」敵「やっと観念したか、すぐ楽にしてやる」ドゴォン 幼女「させねー!です!!」キイィンッ

1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします08:39:29
敵「誰だ!?」
俺「幼…女…?」
幼女「何勝手に死にそうになってやがるですか、」
俺「なんで来たんだ!さっさと逃げろ!お前の叶う相手じゃない!!」
敵「誰か知らんが逃がす訳なかろう!」
幼女「逃げる?そんなわけねー!です!幼女には俺さんが必要、です。勝手に死なれちゃ困るん、です。」
俺「幼女…」

さっきこんなことがあった

2 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします08:40:10
そう(無関心)
7 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします08:41:43
それでそれで?
9 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします08:43:29
>>7

俺「幼女…」
幼女「そんな心配そうにするな、です。それに、幼女はそんな簡単にやられたりしねー、です!」ニコッ

幼女(とは言ったものの…このままの状態じゃ流石にヤバいですね…あの力はあまり使いたくねーですが、俺さんを守る為ならしょうがねーですね。)
敵「舐めやがって丸腰のガキに何が出来る!そこに転がってる雑魚と共に葬ってやるよ!」ドゴォォン
幼女「そんなもの効かねえ、です。」キイィンッ
敵(なんだ?攻撃を弾かれた?一体どうやって!?それにあの目はまさか…!?)
俺「幼女その目…?」
幼女「俺さん、今は何も言わずに見守ってて欲しい、です、直ぐに終わらせてくる、です。」
幼女「理を外れ神に背きし我が力よ今、目を覚ませ!!」キュイィィンッ

これ

11 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします08:44:45
それでそれで?
13 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします08:49:46
幼女はどうなったの?
12 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします08:46:49
>>11
俺(新入生のクラスはどこだ…?)
教官「おい貴様何をしている上級魔法実技講習が始まるさっさとグラウンドにでろ!」
俺「は、はい」

教官「では今日は上級魔法でも基礎のアイスブレイクからだ、おい遅刻しそうになっていたお前、やってみろ」

俺「この学校は新入生に上級魔法を使わせようとするのか…なんて学校だ」

教官「ブツブツ言ってないで早くやれ!」

俺「しょうがねえ、やった事ないけど、確かこうだったかな、アイスブレイク!!」ドゴォン

教官「威力が強すぎだ馬鹿者!もう少し加減をしろ!魔力コントロールがまるでなってないな」

クラスの連中「ははははは」

ヒロイン「俺君こんな所で何してるの!新入生はまず魔法学科の授業からでしょ!いくよ!」
教官(新入生だと!?新入生で上級魔法のアイスブレイクを!?いやそれ以前だ、私は新入生の魔力を上級魔道士の魔力と勘違いした、あいつは一体…!?)

これ

10 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします08:43:57
ブリーチで見た

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me