宇宙は場所によって物理定数が異なることが判明!宇宙人はいないの?

1 スナフキン ★01:14:02
これまで私たちは、「宇宙は全方位に向かって均質であり、宇宙のどこでも物理定数は不変」だと考えてきました。

ですが近年の度重なる天文学的な測定により、この宇宙を規定するはずの物理定数が、宇宙の異なる場所では違っていることを示唆する結果がもたらされています。

そこで研究者は決定的な結論を得るために、銀河の様々な地点に存在する、クエーサー(非常に活動的なブラックホール)から発せられる電磁波を観測し、宇宙各地の電磁気力の強さを決める定数(微細構造定数)を測定しました。

結果は驚くべきもので、宇宙の一方では電磁気力が強く、また逆の方向では電磁気力が弱くなっていたのです。

これは単に宇宙に方向性があるということだけを意味するものではありません。

電磁気力は原子核が電子を引き留める力です。これが宇宙の場所によって異なるということは、同じ水素や酸素であっても、宇宙の端(高電磁気区域)と端(低電磁気区域)では別の性質を持つことを意味します。

また電磁気力が異なれば、化学反応も異なり、惑星上で生命が産まれる可能性に大きな影響を与えます。

もし、私たちの銀河系周辺だけが生物誕生にとって適切な電磁気力の区域である場合、地球外生命体などの調査は近傍以外は絶望的となるでしょう。

しかし、どうして宇宙に方向性が産まれたのでしょうか?

宇宙各地の電磁気力を測定する

電磁気力は宇宙を構成する4つの基本的な力の一つです(他の3つは重力・弱い核力・強い核力です)。

電磁気力は宇宙に存在する全ての原子核と電子の関係を決めており、適切な電磁気力がなければ原子も分子も構成されず、全ての物体は飛び散ってしまいます。

これまでにも、クエーサーの観測から、宇宙の遥か彼方にある領域では電磁気力が地球とは異なるかもしれないという報告があがっていました。

今回の研究ではより包括的な結論を導くために、機械学習を利用して複数の宇宙の領域での電磁気力(微細構造定数)が測定されました。

その結果、私たちの宇宙ではある特定の方向に行けば行くほど電磁気力が強くなり、それとは逆の方向に行けば行くほど電磁気力が弱くなっていることがわかりました。

観測を行った研究者たちは、はじめはこの結果を信じられませんでした。

この結果が意味するのは、宇宙は均一ではなく双極的な性質を持ち、宇宙の異なる場所では異なる物理定数が存在することを意味し、既存の均一な宇宙認識を完全に破壊するからです。

しかし繰り返し検証を行っても、結果はかわらず、データは宇宙の不均一と双極性を示していました。

なぜ宇宙に方向性がうまれたのかは、完全に謎のままです。インフレーションやビックバンの方向が大きく歪んでいた可能性もありますが、推測の域を出ません。

生命は地球の近くにしか存在しないかもしれない

現在の宇宙論は、宇宙の均一性の元に成り立っています。

宇宙が不均一かつ、謎の方向性がある場合、私たちが求める標準理論にも大きな影響があるでしょう。

ですが、影響は単に理論だけに留まりません。

電磁気力、すなわち原子核と電子がお互いを引きあう力が、宇宙の場所によって異なる場合、宇宙の端と端では水の電離といった基本的な化学反応ですら全く異なる可能性もあるのです。

化学反応の基本が違えば、生命活動にも大きな影響があります。

楽観的な予測は「宇宙の端と端では全く異なる生命が生まれている」というものですが、悲観的には「地球と似た電磁気力の区域以外では、生命は誕生しない」ことになります。

今回の発見は物理学と宇宙生物学に劇的な影響を与えることになりそうです。

しかし、人類の科学史を紐解けば、常識の崩壊は常に新理論の芽になってきました。

今回の常識の破壊によって、人類の科学力は新たな飛躍の時を迎えるのかもしれません。

研究内容はオーストラリア、ニューサウスウェールズ大学のマイケル・R・ウィルチンスカ氏らによってまとめられ、4月24日に学術雑誌「Science Advances」に掲載されました。

https://nazology.net/archives/58281

” target=”_blank”>

2 不要不急の名無しさん01:15:32
まじか!なるほど…………よくわからん
5 不要不急の名無しさん01:16:31
じゃ、UFOってなに?
4 不要不急の名無しさん01:15:52
つまり、魔力がある世界もあるということが
6 不要不急の名無しさん01:18:12
逆に他の場所は地球周辺より生命が生まれやすいかもしれないじゃん
8 不要不急の名無しさん01:18:27
うそうそうそうそうそうそ
うそ800
7 不要不急の名無しさん01:18:21
つまり1+1=3ってこと
9 不要不急の名無しさん01:19:15
常識をぶち破れ
11 不要不急の名無しさん01:20:56
じゃあロケットで遠くへ行ってもちゃんと作動しないって事か
13 不要不急の名無しさん01:21:26
重力すら説明できない今の物理学が欠陥品なのでわ
15 不要不急の名無しさん01:23:58
宇宙ヤバイ
17 不要不急の名無しさん01:24:47
光速度不変

これが崩れたら現代物理学は完全崩壊
全て無意味だったということになる

まぁしょせん物理学的な正しさというのは
「起こっている事象を矛盾なく説明できること」
に過ぎないからな

正しさの上に正しさを重ねることのみが正しさである数学に比べたら
児戯にもひとしきあさましい学問よ

19 不要不急の名無しさん01:26:54
よくわらないけども
物理法則が異なれば
マイナス1億3000度とかありえるっことか
放射性同位体も崩壊せずに放射線出さないとかもありえるのか
金属生命体もあり得そう
22 不要不急の名無しさん01:28:41
ドラゴンボールに例えるとどんな感じなの?
30 不要不急の名無しさん01:31:51
>生命は地球の近くにしか存在しないかもしれない
近く、と言っても銀河数百個分位の範囲かもしれないけどね
31 不要不急の名無しさん01:31:51
数学なんてのは無駄の極みで子供の遊び
意味のあrのは工学のみ
理由なんか知らん
実現するのみ
これが実存主義の極みwww
32 不要不急の名無しさん01:32:15
単位が時間変動するなら物理定数は変動しても構わない
35 不要不急の名無しさん01:32:51
>>22
強さはスカウターで測れる
→と思ってたら、数値変化する種族がいやがった!
→で終わりかと思ってたら、数値関係なく強い種族がいやがった!
33 不要不急の名無しさん01:32:36
宇宙の加速膨張発見されたのが前世紀末
しかも実は片方かたよって膨れるシャボン玉だった、ってこと?宇宙項終了?
34 名無しさん@1周年01:32:36
やっぱアレだな、300年後、
「アインシュタインの生まれ変わり」の異名を取る天才物理学者として
俺が生まれ変わるまで、人類はこの地球に閉じ込められたままのようだな。
36 不要不急の名無しさん01:33:13
この宇宙が、奇跡的に生命が誕生する物理定数に一致した、というのは信じられないからね。
地球近辺だけが、奇跡的に生命が誕生する物理定数に一致した、なら合点がいく。
37 不要不急の名無しさん01:33:13
銀河系ぐらいのサイズであれば一定ってことでOK?
45 不要不急の名無しさん01:35:42
>>1
「物理定数が異なる」ってことの重大さを理解してなさそうな雰囲気の記事だなあ
物理定数が異なる世界なんて、互いに認識できるかどうかも怪しいのに
46 不要不急の名無しさん01:36:21
大体宇宙広すぎて、ダイアモンドの嵐が吹き荒れる星もあるぐらいなのだから、
温度1000度の気体状の知的生命体がいてもおかしくないと思うんだが

生きていて意識も持ってるけど可視光じゃ見えないとか
色んなパターンが考えられると思うんだけどな

47 不要不急の名無しさん01:36:25
宇宙人が遠くにいないのがなんで悲観的なんだ?
どうでもいいだろ
58 夏厨01:38:37
>>36
人間原理。。
60 不要不急の名無しさん01:39:28
そもそも宇宙に端があること自体不明だろ
61 不要不急の名無しさん01:40:02
地球ですら生命誕生から5回の生命絶滅(65%〜90%)を繰り返して奇跡的に数万年人類が支配してるに過ぎないし全てが奇跡的な偶然により人間がいる
63 不要不急の名無しさん01:40:42
超弦理論では説明つかないかもな
67 夏厨01:41:43
物理法則が異なるってことは、この世界はたくさんの宇宙が重なり合って存在するってことかねぇ。。
70 不要不急の名無しさん01:42:28
人類がもし仮にそういうところに行ったら分解なりなんなりして死ぬよな
71 不要不急の名無しさん01:43:03
これが本当なら、仮に光速を超えることができても
あまりにも定数の異なる空間に人間が行ったら
体中の元素が元とは違う性質になって即死ってことでは?
73 不要不急の名無しさん01:43:12
なるほどな
たしかにそうだわ
76 不要不急の名無しさん01:43:15
つまりこの世はやはりシミュレーション仮説通りということか
78 夏厨01:44:22
「宇宙の果て」は案外近いのかもねぇ。。
79 不要不急の名無しさん01:44:31
>>36
なるぼど
思い付かなかったよ
87 不要不急の名無しさん01:46:20
>>60
いわゆる宇宙の端は宇宙生誕137億歳の膨張分含めて半径470億光年先の球内
その先は水平線(宇宙線?w)の先で見えない
自粛で一週間ぐらいまえ読んだ本。突っ込むなよw
123 不要不急の名無しさん01:56:31
そもそも、宇宙定数が素粒子のレベルで違うのか?
それとも時空のレベルで違うのか?
つまり、地球上の物質を宇宙のその遙か彼方に持って行ったら物質崩壊が起きるのか、
それとも状態を保てるのか。
140 不要不急の名無しさん02:00:20
>>17
数学も道具の刷新によって旧き理論はその面影以外捨てられていくし多少はね?代数幾何とかさ
157 不要不急の名無しさん02:04:39
つまり…宇宙船で遠方まで航行したら何もしてないのにバラバラになったりするのか
スタートレックオワタ
161 不要不急の名無しさん02:05:16
>>17
ニュートン力学だってアインシュタイン出てきたら覆ったけど
別に天体の運行が変わるわけじゃなし冥王星発見できた程度でしょ
大統一理論に到達出来るなら何でもええんよ
そこまでの過程に過ぎん
176 不要不急の名無しさん02:08:26
見た目は完全に橋本環奈ちゃんみたいなんだけど
全ての粘膜がドブの臭い宇宙人を捕まえたらどうする
277 不要不急の名無しさん02:33:05
宇宙自体を知ることはできないということだな
289 不要不急の名無しさん02:37:10
宇宙の中で基本的なのが場所によって違うとなるといろいろ見直さないといけなくなるってことね
知的生命がいる確率だかの長い変な式はどうなるの
331 不要不急の名無しさん02:50:38
>>4
うむ
今の地球上では小さすぎて観測されないが、とある領域では電磁気力同等の力として影響している可能性も
332 不要不急の名無しさん02:50:43
特定の方向ってなに?
宇宙の中心と外縁部ってこと?
344 不要不急の名無しさん02:53:33
>>332
宇宙も地球上のように、東西南北みたいな方向が定義できるという事
349 不要不急の名無しさん02:55:02
まぁでも 分子 原子 粒子 と 太陽系 銀河系 超銀河団

極小だろうと、極大だろうと
塊みたいな構造はよく似てるよね。

所詮、似たり寄ったりで通じるかもしれないよこれw

350 不要不急の名無しさん02:55:03
>>344
凄い!納得した
353 不要不急の名無しさん02:55:54
>>339
>私たちの宇宙ではある特定の方向に行けば行くほど電磁気力が強くなり、それとは逆の方向に行けば行くほど電磁気力が弱くなっていることがわかりました。

「ある特定の方向」ってどっち?

339 不要不急の名無しさん02:52:38
>>332
それだと「方向」ではなく「位置」になるのでは?
365 不要不急の名無しさん02:59:40
>>344
>>353に書いたけれど、上下左右ではなく前か後ろかみたいな書き方がされてる

「双極的な性質」とも書かれているし、
特定の方向を突き詰めたくなるのは当然のことじゃねーか?

368 不要不急の名無しさん03:00:22
>>161
あれは覆ったというよりも
日常の範囲内では
ニュートン力学は通用する、って感じなような…
380 不要不急の名無しさん03:03:11
何が凄いってこのスレの人らがみんな物理定数がなにかを知ってるらしいってことだ
誰か俺のようなバカにもわかるように教えてください
381 不要不急の名無しさん03:03:11
>>368
ついこないだ、スカイツリーで時間の進み違うとか
実験やってなかったっけ?
日常と言えるかわからんがGPSも誤差修正してるしね
385 不要不急の名無しさん03:06:03
>>368
光速度不変もある一定の範囲内で成立しているにすぎないと思う
399 不要不急の名無しさん03:12:18
>>7
この解職でオケ?
400 不要不急の名無しさん03:12:49
宇宙を海に例えたら、塩分濃度や海水温が海域によって異なるようなもので、別に珍しいことでもない
重力が大きければ電子の回転もゆっくりになり、重力が小さければ早くなるようなものだ
と、シッタカで一言
421 不要不急の名無しさん03:19:36
>>7
3の場合もあるし無の場合もあるしマイナスの場合もある
つまり今までの物理は通じない
449 不要不急の名無しさん03:44:49
>>71
 マジでそれ
 分解されたり沸騰したり、蒸発したりするかも
457 不要不急の名無しさん03:51:50
>>71
死というのは地球上での概念で宇宙には
死の概念すらないんじゃないかな
宇宙的に見れば死は存在せず
地球上でいう不安や恐れる性質のものではないとか
486 不要不急の名無しさん04:07:24
>>457
しかし生物ならば誰しも死を恐れるのはなんでかと思うわ
怖いということはそこに近づかない方がいいという本能だと思うから
生物は寿命があって絶対に死ぬのになんでだろうかと思う
492 不要不急の名無しさん04:10:00
>>486
死を恐れる遺伝子持ってる奴だけが生き残れただけやで
531 不要不急の名無しさん04:29:30
これまでの常識が通用しないこともそら出てくるだろうな
ちょっと前でも地球は丸いと言ったら裁判にかけられるような世の中だったのだから
そもそも地球上では飛行機で行き来できるようにはなったが
宇宙はまったく行き来できないのに
宇宙を語るのは早すぎる
616 不要不急の名無しさん05:03:55
>>3
>>2
つまり宇宙定数は定数では無く変数だったということ

正直記事を読んでも信じられない
だってこれが事実なら現代の宇宙理論は全部間違ってることになる

3 不要不急の名無しさん01:15:35
何言ってるか
わからん
637 不要不急の名無しさん05:12:01
ハゲも場所によればフサという事か?
639 不要不急の名無しさん05:13:13
地球とかいう奇跡
679 不要不急の名無しさん05:34:47
>>35
分かりやすいなw
700 不要不急の名無しさん05:45:21
目に見えない物質も場所によっていろいろだからありえない生命体がいるかもしれないね
701 不要不急の名無しさん05:45:48
>>36
我々の太陽系こそが生命発生の条件だからな
781 不要不急の名無しさん06:27:02
つまり宇宙はぐちゃぐちゃなもので、我々は立っている足元のことしか判らなかったと
829 ココ電球 _/ o-ν ◆tIS/.aX84. 07:06:41
>>4
金属の電気抵抗がちがうとか 花火の色がちがうとか 化学物質の安定性がちがうとか
それくらいなので あきらめろ
836 不要不急の名無しさん07:10:33
少なくとも物理定数が違う者同士が出会うことはないってことか
宇宙服着ればすむ話じゃないもんな
861 不要不急の名無しさん07:35:42
>>22
戦闘力たったの5の銃持ったおっさんを宇宙の別の場所に連れていってもっかい測ったら
戦闘力が1万になってたような感じ
870 不要不急の名無しさん07:38:53
>>385
つまり超光速航行やワープ航行の実現可能性が上がったのか
933 不要不急の名無しさん08:24:43
宇宙の膨張と関係あんのかな
935 不要不急の名無しさん08:25:56
空を飛ぶ夢はあながち夢でもなさそう
飛んでる時は夢ではないと確信してる
955 不要不急の名無しさん09:01:55
結局、ワシらは光子の観測でしか遠くを推し量れてないんじゃよ。
光子がいつもワシらの思ってるように振る舞うのかは知らんだけじゃないのかのう。
958 不要不急の名無しさん09:09:56
うちゅうのほうそくがみだれる!

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me