大男「病気のお母さんのためにトーナメントに出場するぞ!」

1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:00:05
母「ごほっ、ごほっ……」

大男「お母さん、大丈夫?」

母「ああ……大丈夫だよ……ごほっ、ごほっ」

大男「やっぱりちゃんと入院した方が……」

母「お前は孝行息子だねえ……」

母「だけど……入院はお金がかかるからねえ……」

母「ごほっ、ごほっ……」

大男(僕が……お金を稼がなきゃ! だけどいったいどうやって……)

2 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:03:11
大男「ん、このチラシは……?」

闘技大会開催!

優勝者には賞金100万G!

大男「100万……ゴールド……!」

4 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:06:15
大男(僕なんかが優勝できるとは思えないけど……)

母「ごほっ、げほっ、ごほっ!」

大男(入院させなきゃ、お母さんはもう持たない……!)

大男「お母さん!」

母「……ん?」

大男「僕……闘技大会に出場するよ!」

母「えっ? お前がかい?」

大男「なんとか優勝して……100万Gを手に入れてみせる!」

5 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:09:12
大会当日――

ワイワイガヤガヤ…

大男「ここが闘技大会が開かれる闘技場か……」

大男「ええと、受付は……あれか!」

大男「あ、あのっ!」

受付「なんだい? 観戦したいなら、あっちの入り口から……」

大男「いえ、僕……大会に出たいんです!」

受付「ええっ!?」

6 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:12:16
受付「この大会は君みたいなおデカちゃんが出ていい大会じゃないよ。危険すぎる」

大男「だけど……出たいんです! 出なきゃいけないんです!」

受付「……まぁ、出たいんなら止めないけどさ。参加者は多い方がいいし」

受付「せいぜい死なないように気を付けるんだね」

大男「ありがとうございます!」

7 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:15:19
ザワザワドヨドヨ…

大男(ここが参加者控室か……みんな強そうだ)

「なんだあのやたらデカイのは? かなりの闘気だが、しょせん雑魚だな」

「巨大かつ質のいい筋肉が搭載されてやがるが……ま、大したことねえな」

「見かけは強そうだが、一回戦ではぜひあいつと当たりたいもんだぜ!」

大男(みんなの悪口が聞こえる……)

大男(ううう……お腹痛くなってきた……)

8 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:17:33
係員「それではトーナメントの組み合わせを決めるくじ引きを行います!」

係員「まず、大男選手からどうぞ」

大男「は、はいっ!」

ガサゴソ…

大男「一番です!」

係員「はい、結構です。では次の方ー!」

9 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:22:17
<トーナメント表>

              ┌─  大男
          ┌─┤
          │  └─  少年剣士
      ┌─┤
      │  │  ┌─  女
      │  └─┤
      │      └─  ザコ
  ┌─┤
  │  │      ┌─  ザコ
  │  │  ┌─┤
  │  │  │  └─  フード
  │  └─┤
  │      │  ┌─  ザコ
  │      └─┤
  │          └─  ザコ
─┤
  │          ┌─  魔帝ジェノサイド
  │      ┌─┤
  │      │  └─  創造神
  │  ┌─┤
  │  │  │  ┌─  全てを滅ぼす者
  │  │  └─┤
  │  │      └─  母
  └─┤
      │      ┌─  銀河帝王
      │  ┌─┤
      │  │  └─  四次元魔神
      └─┤
          │  ┌─  伝説の剣豪エクスカリヴァ
          └─┤
              └─  地獄大名

11 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:24:22
色々とおかしい
12 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:25:26
母元気じゃないか
13 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:25:41
大男(もうすぐ試合だ……)

大男(どうしよう、心臓のバクバクが収まらない……!)

係員「大男選手!」

大男「ひゃ、ひゃいっ!」

係員「まもなく試合ですので、試合会場まで来て下さい!」

大男「わ、分かりました!」

14 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:28:33
ワアァァァァァ……!

実況『お待たせしました、闘技大会一回戦第一試合を開始致します!』

実況『最初のカードは、大男vs少年剣士ッ! いったいどんな戦いになるのかァ!』

少年剣士「ガッハッハ、こんなデカブツが相手かよ! 一回戦は楽勝だな!」

大男「む……」

少年剣士「てめえみたいなザコは一瞬で片付けてやるよォ!」

大男「僕だって……お前なんかに負けない!」

少年剣士「あ?」ビキメキ…

少年剣士「決まったぜ。てめえは試合開始三秒でミンチだァ!」

レフェリー「始めっ!」

少年剣士「死にやがれぇぇぇぇぇ!!!」ドドドドドッ

15 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:31:25
大男「てやぁっ!」

大男の放った右ストレートは――

ズンッ!

的確に少年剣士の胸部に命中。

少年剣士「がっ……!?」ベキボキメキゴキ

胸骨を粉々に粉砕。

少年剣士を試合場の外まで吹き飛ばした。

大男「や、やったぁ!」

大男(次の二回戦も……頑張らなくちゃ!)

16 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:34:24
ワアァァァァァ……!

実況『お待たせしました、闘技大会二回戦第一試合を開始致します!』

実況『注目の対戦カードは、大男vs女ッ! いったいどんな戦いになるのかァ!』

女「ガッハッハ、こんなデカヤロウが相手かよ! 二回戦は楽勝だな!」

大男「む……」

女「てめえみたいなザコは一瞬で片付けてやるよォ!」

大男「僕だって……お前なんかに負けない!」

女「あ?」ビキメキ…

女「決まったぜ。てめえは試合開始三秒でミンチだァ!」

レフェリー「始めっ!」

女「死にやがれぇぇぇぇぇ!!!」ドドドドドッ

17 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:37:24
大男「てやぁっ!」

大男の放った右ストレートは――

ズンッ!

的確に女の胸部に命中。

女「がっ……!?」ベキボキメキゴキ

胸骨を粉々に粉砕。

女を試合場の外まで吹き飛ばした。

大男「や、やったぁ!」

大男(次の準決勝も……頑張らなくちゃ!)

18 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:40:19
ワアァァァァァ……!

実況『お待たせしました、闘技大会準決勝第一試合を開始致します!』

実況『注目の対戦カードは、大男vsフードッ! いったいどんな戦いになるのかァ!』

フード「ガッハッハ、こんなデカ人間が相手かよ! 準決勝は楽勝だな!」

大男「む……」

フード「てめえみたいなザコは一瞬で片付けてやるよォ!」

大男「僕だって……お前なんかに負けない!」

フード「あ?」ビキメキ…

19 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:43:52
フード「いいぜ、冥土の土産に俺様の正体を見せてやらぁ!」

バサァッ!

ダークスライム「ガッハッハ! 史上最凶のスライム! これが俺様の正体よ!」

大男「ま、魔物……!」

ダークスライム「俺様の目的は、魔王様の尖兵としてこの大会で優勝し」

ダークスライム「人間どもに魔物の恐ろしさを思い知らせることだったのよォ!」

大男「こんなの……勝てるわけない……」ガタガタ

ダークスライム「決まったぜ。てめえは試合開始三秒でミンチだァ!」

レフェリー「始めっ!」

ダークスライム「死にやがれぇぇぇぇぇ!!!」ドドドドドッ

20 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:45:27
大男「てやぁっ!」

大男の放った右ストレートは――

ズンッ!

的確にダークスライムの胸部に命中。

ダークスライム「がっ……!?」ベキボキメキゴキ

胸骨を粉々に粉砕。

ダークスライムを試合場の外まで吹き飛ばした。

大男「や、やったぁ!」

大男(次の決勝も……頑張らなくちゃ!)

22 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:48:30
ワアァァァァァ……!

実況『いよいよ決勝戦ッ!』

実況『ここまで、決勝まで進んだ両者は、いずれも全ての試合で相手を一撃で倒しております!』

実況『果たしてどんな戦いになるのか、楽しみです!』

実況『まずは、大男選手の入場です!』

大男「ど、どうも……」

実況『この巨大な体の一体どこに、あれほどのパワーが潜んでいるのか!? まさにミラクル!』

実況『さあ、大男選手の対戦相手は――』

24 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:50:01
誰なんだ・・・
25 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:51:59
実況『母選手です!』

母「ガッハッハ、こんなバカ息子が相手かよ! 決勝は楽勝だな!」

大男「お、お母さん……!? 病気のはずじゃ……」

母「あんなもん全部演技に決まってんだろうがァ!」

母「病気のフリして、てめえみたいなザコがトーナメントに出れば、俺様が優勝しやすくなんだろ?」

母「だから、分かりやすいとこにチラシを置いておいたのよォ!」

母「おかげで決勝戦は今までで一番楽な相手と当たれるってわけだァ!」

大男「よくも……騙したな」

大男「僕だって……お母さんなんかに負けない!」

母「あ?」ビキメキ…

母「決まったぜ。てめえは試合開始三秒でミンチだァ!」

レフェリー「始めっ!」

母「死にやがれぇぇぇぇぇ!!!」ドドドドドッ

28 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:55:06
大男「てやぁっ!」

大男の放った右ストレートは――

ズンッ!

的確に母の胸部に命中。

母「がっ……!?」ベキボキメキゴキ

胸骨を粉々に粉砕。

母を試合場の外まで吹き飛ばした。

大男「や、やったぁ!」

29 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします21:58:21
司会『優勝おめでとうございます!』

大男「ありがとうございます! 嬉しいです!」

司会『優勝賞金の100万Gは、どのようにお使いになる予定ですか?』

大男「はい! それはもちろん――」

――――

――

30 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします22:00:12
大男「お母さん、お見舞いに来たよー!」

母「ごほっ、ごほっ……ありがとうねえ……」

大男「優勝賞金で、こんないい病院に入院できてよかったね!」

母「ああ……お前は本当に孝行息子だねえ……」

― 完 ―

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me