ルフィ「…飯できたぞ」俺「そこに置いとけ!」

1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします17:16:14
ルフィ「頼む。贅沢言わねえ。働くか飯の量減らしてくれ」

俺「…おまえなんつった今?」ガチャア

ルフィ「!!」

ベキ!ドカ!ズン!

俺「てめえが!俺に!命令とはなァ!!!」ズンズンズン!

ルフィ「うううう…」ドサァァッ!

ナミ「お願いもうやめてあげて!」

サンジ「いい加減にしろ!俺くん!さもねえと…」

俺「…さもないと。なんだ?」

サンジ「…ッッッ!」

8 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします17:19:39
白目を向いたサンジ「…」ドサアッ

ナミ「サンジくん!」

俺「虫ケラが…今度は血祭りにあげてやる」

ナミ「…ッ!!」

ゾロ「やめろ!そいつには手を出すな!」

俺「フフ…ハハハ!だがナミ、お前はダメだ。後で俺の部屋にこい…いいな??」ギロっ!!!

ルフィ「おねがいだぁ…!もうやめてくれえ〜〜〜」

俺「ふんっ!!!!!」ズンッ

白目を向いたルフィ「」

俺「もう終わりか?」

9 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします17:20:09
これは覇王色ですわ
10 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします17:20:41
つよい
14 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします17:22:47
ウソップ「る、ルフィ!てめなんて事を!」

ゾロ「ダメだ!やめろ!」

ウソップ「ていっ!ていっ!ていっ!」ドカーン!ドカンドカンドカン

ゾロ「…バカが!見てわからないのか!?」

モクモクモク…

ウソップ「ハァッハアッハアッ、、、どうだ?」

ゾロ「逃げろ!勝てるわけがない!」

俺「…」ニッコリ

ウソップ「!」

俺「今楽にしてやる!」

ズンッッッッ

ウソップ「あ、あ、あ」バタンッ

俺「ルフィより先に死ぬとは!」

ナミ「いやああああああああ!!!!」

19 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします17:25:47
俺「お前はこっちだ!」

ナミ「いやあああああ!!!」

ロビン「くっ!」スッ

サンジ「やめろ!今手を出したら船が消される!」

チョッパー「サンジが女を見捨てるなんて…」

フランキー「俺達は俺くんの暴走を眺めるしかねえのかよ…」

俺「眺める"しか"?フフフ!フンっ!」ビュッ

フランキー「あっ」ズウウウウウウン!ドカアン!

フランキーだったもの「」ピクピク…

ブルック「あああああああ」

俺「死の恐怖に怯えながらな!さあこい!」バタン

22 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします17:28:04
ナミ「…た、助けてください」

俺「ならまずは素股だな。それとも死にたいのか?」

ナミ「う、う、う、」ヌギヌギ

俺「おっと、そのまえに、股にこれをぬれ」スッ

ナミ「え、こ、これは」

俺「お前の大事にしていたみかんだよ。全部摘んできてやったぞ?早く濡れ」

ナミ「あ…あ…」

23 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします17:28:40
かぶれそう
27 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします17:31:24
ナミ「ぬ、脱ぎました」

俺「よしではみかんを塗れ。たっぷりとな」

・・・・

ナミ「ぬっ、、塗りました」

俺「ははは!大事にしていたものを股間に塗って終わらせた感想は!?」

ナミ「くっ…くっ」

俺「おいおい泣くなよ。お前の顔が潰れるのは行為が終わってからだ。」

ナミ「えっ…」

俺「終わると一味全員の顔、俺が血祭りにあげてやる」

ナミ「でも、さっきと話が」

俺「お前が生意気だからな。破壊することにした」

ナミ「あっ…」放心

俺「さ、素股するぞお」

31 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします17:36:17
・・・・

俺「う…ん…。な!?眠らされていただと!?こしゃくな真似を!」バンっ!

俺「オイナミ!素股だ!」

麦わらの一味「…」ドーーーーン

俺「貴様ら…!生きていたのか!今血祭りにあげてやる!」べしべしべし!ペチペチペチ

ナミ「お前何してんの?」

俺「えっ…」

ナミ「なめんじゃないわよ!」ズンっ!!

俺「うっ…うごおおおお」ゲロゲロゲロ

ルフィ「ははは。あいつナミ怒らせたぞ。殺されんじゃないか」

ナミ「殺しゃしないわよ!こいつは奴隷市場で買ってきたでしょ!?」

ルフィ「ああ、そうだったな。たった一人売られてかわいそうだから、拾って適当な街に返してやるんだった」

俺「あ…?」

ルフィ「皆の茶でも入れてくれよ俺くん。もう直ぐ返してやるからな」

俺「あ、あ、あ、あ、せんちょぉぉおおおおおおおお〜〜〜〜ー!!!」

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me